--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神本線「杭瀬」駅

2013年02月18日 18:06

F0006301346.jpg

□■阪神本線「杭瀬」駅の概要■□

阪神本線「杭瀬」駅は、尼崎市杭瀬本町1丁目にある駅。1905年(明治38年)4月12日開業。
周辺は住宅の他、工場や事務所、店舗などが混在する、下町情緒の感じられる街。
南東側に流れる「左門殿川」は大阪市との市境になっています。
阪神本線「杭瀬」駅最寄りの尼崎市内の分譲マンションは全部で45棟(平成25年2月時点)。
そのほとんどは駅北側に広がる昭和44年築の『杭瀬団地』。
築浅のマンションも2,000万円前後で取引されています。
また、20坪前後の新築一戸建てが2,000万円~3,000万円で購入できます。


□■阪神本線「杭瀬」駅周辺の注目スポット■□
杭瀬市場
G0014511632.jpg
阪神「杭瀬」駅の北側、国道2号線を渡ったところにある市場です。
「杭瀬市場」「杭瀬中市場」「杭瀬北市場」などの各市場がアーケードでつながっていて、
食料品を中心に様々な商品が並んでいます。この市場の魅力の一つは安さ、
そして”昭和”が味わえるところ。
阪神「尼崎」駅やJR「尼崎」駅が再開発された中、
「あま」らしい風情を感じられる残り少ない場所と言えるのではないでしょうか。

【公式】阪神本線「杭瀬」駅 → コチラ

 阪神本線「杭瀬」駅周辺 最寄りの不動産情報 → コチラ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ekiblogwill.blog113.fc2.com/tb.php/83-8facdf3d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。